FC2ブログ

大阪地裁の破産について

今日は大阪地裁の破産について。
大阪は本局と堺支部、岸和田支部と
3つの裁判所があります。
当事務所は堺市にあるので、ほとんどの
破産再生依頼は堺地裁に提出しているのですが
たまに大阪地裁に提出することもあります。
この時は少し安心するんです。
大阪地裁と岸和田支部の破産係は私の個人的な
感想ですがそんなに細かいことを言ってきません。
堺支部は開始決定が出るのも他の裁判所より
少し遅いですし、記載事項も細かいように感じます。
このように感じている先生方も
多いんじゃないでしょうか。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺市在住の方の破産申立 5

前回の堺市在住の方の破産申立の続きです。
結局ほとんどの借入理由がギャンブルで
破産申立する場合は管財事件になるのですが
今まで私が関与した破産申立でギャンブルが
原因でしたが管財事件にならなかったケースが
ありました。
ここではあまり書けないので書きませんが
そのような方がいらしたら当事務所に相談
して下さい。
今回の依頼は普通なら99%管財事件になりますが
私の事務所のやり方なら可能性は50%
ぐらいでしょうかね。
〔当然嘘は書けませんので真実のみ記載しますが)
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺市在住の方の破産申立 4

前回の堺市在住の方の破産申立の続きです。
任意整理なら時間は3ヶ月ほどかかりますが
おそらく総時間30分〜1時間ぐらいの負担で
手続きが終了します。
破産申立ならかなり早くて半年、通常は
8ヶ月、管財事件になると1年以上かかります。
当然任意整理よりも10倍以上負担がかかります。
依頼を受ける側としては任意整理は破産に
比べて割りが良い仕事なんです。
ですので割りが良い仕事を勧めたいのだと
思います。
私はそんなことしませんが。
次回につづく
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺市在住の方の破産申立 3

堺市在住の方の破産申立の続きです。
結局破産の申立はギャンブルであれ
ほとんどの方は免責決定がでます。
ただ管財事件になってしまうとなかなか
終了しないですし、手続きが面倒になるので
なるべく管財事件にならないようにしたいと
思っています。
当事務所は基本的にどのような理由であれ
借金が返せない方は破産又は再生で
依頼を受けています。
次回につづく

十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺市在住の方の破産申立 2

昨日の堺市在住の方の破産のつづきです。
破産法には破産できない借金が
条文で記載されています。
これらは免責不許可事由といいます。
確かにギャンブルは免責不許可事由ですが
ギャンブルで破産申立しても管財事件に
移行されて最終的に破産は認められるでしょう。
免責決定がでれば破産が終了となります。
ただこの管財事件になると大阪地裁では
約21万円ほど裁判所に収めるお金が
増えてしまいます。
分割払いも可能ですが半年しか無理です。
続きは次回で!

十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
フリーエリア
リンク
プロフィール

十三司法書士法人

Author:十三司法書士法人
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR