FC2ブログ

破産(ギャンブル)

堺市で破産申立書作成をしている司法書士法人堺東事務所です。

最近提出した破産について。

依頼者の年齢は若く、借入原因のほとんどがギャンブルでした。

収入も数年間大幅な変更はありませんでした。

依頼者の収入では到底払える額の借金ではありませんでした。

破産申立書をあまり作成していない方からすると、もしかしたら同時廃止でいけると

思うかもしれませんが、このケースは管財事件になる可能性が高いと思いました。

実際別の仕事でこのケースを他の司法書士に話をしたら、

「破産する方で借入原因がギャンブル等の免責不許可事由がない人いないでしょう」

「同時廃止で大丈夫なんじゃないでしょうか」

と言っている司法書士がいました。

上記の件で問題になるのが

1 申立人の年齢が若い

2 ここ数年の収入の変動があまりない

3 ある程度の収入がある

4 借入原因にギャンブル以外に説明がつかない

これだと管財事件になると思うのは当たり前です。

実は先日このケースで管財事件にならなくて同時廃止になった事案がありました。
(管財事件になるとプラス約21万円管財人に支払う必要があります)

もちろん申請書に嘘なんて書けません。

他の事務所だと、依頼時に管財事件になるから費用は高くなるよと

言われる案件だと思います。

このような方がいたらご相談して下さい。
スポンサーサイト



十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
フリーエリア
リンク
プロフィール

十三司法書士法人

Author:十三司法書士法人
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR