FC2ブログ

破産(携帯電話での買い物)

堺市で破産申立書を作成している司法書士法人堺東事務所です。

今回は携帯電話での買い物について。

破産の依頼を受けた後に、依頼者が携帯電話で買い物しているケースがあります。

結論から言うと、偏頗弁済となり管財事件になる可能性があります。

財布からお金を出して食料品を買うのと、携帯ウォレットにチャージして食料品を買うのと

同じですが、破産法では違います。

チャージしたお金の請求が後日くるのでその期間だけ債権者となるためです。

依頼者からすると同じように感じますが違んです。

ですので依頼をした後は、携帯で食料品等を買うのは止めて現金払いにして下さい。

カード払いにしたいなら、デビットカードにして下さい。

おそらくデビットカードなら直接口座から引き落としされるので債権者にならないはずです。

これら色々なやり方があるので、上記のような方でも管財事件にならなかったケースもありました。

ですので、相談して下さい。
スポンサーサイト



十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
フリーエリア
リンク
プロフィール

十三司法書士法人

Author:十三司法書士法人
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR