FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

神戸簡裁に行く必要がなりました

こんにちは、堀内です。

神戸簡裁に行く必要がなりました。

原告さんと被告さんの間で和解が訴訟外で成立したようです。

これはこれでOKです。

わざわざ裁判でことをややこしくするより話合いで解決するほうが良いですからね。



スポンサーサイト
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

ブラックリスト(堺東事務所で説明していること)

こんにちは、堀内です。

堺東事務所で債務整理を受任するときに説明していることでブラックリストの件を
深堀してみます。

たとえばブラックリストに載ってもショッピングローンのカードは作れるとのお話があります。
(ただしお勧めはしていませんが)

また自社内ブラックと言って過払状態なのでブラックにならないとしても普通に考えて
過払い金を取り戻したあとにまたその会社から借金することはショッピングローンも含めて
難しくなる可能性があるとお話しています。

あとは年齢制限として60歳を超えてきたり、年収が減ってくると融資が通らなくなることもあります。
(この点を忘れてブラックになっているのではと勘違いされるご相談者様もいらっしゃいます)

結局は貸す貸さないは債権者次第で、各社で絶対的共通ではないのです。

親会社、子会社の関係であるなど、その他いろいろと融資が通らなくなる理由はありますが、
ご相談者様には全てご説明しております。

相談料は無料ですのでいつでもご相談ください。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺東事務所で債務整理~ショッピングローン

こんにちは、堀内です。

堺東事務所でショッピングローンの債務整理のご相談を受けることがあります。

しかしこれは適切でないこともあります。

たとえばショッピングローンは高い利息を取っていないからです。

これはどこのカード会社も同じと考えていただいて結構かと思います。

よって借金は減らないということです。

そうするとせいぜい元金のみの分割弁済の和解しか無理ということですので
メリットが薄いのです。

しかもブラックリストに載ってしまう・・・ですのであまりお勧めできないわけです。

自己破産ならばたいていは大丈夫です。(物によっては引き上げられますが)
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺東事務所で債務整理~注意事項

こんにちは、堀内です。

堺東事務所に債務整理をご依頼をいただく場合、必ずご説明していることがあります。
(どこもしている、いやしなければならないこと)

「完済分の債務整理(過払い金取り戻し)はブラックリストには載らないが、債務がある状態での
債務整理(過払い金取り戻し)はブラックリストに載らない。」
(厳密にはブラックリストというものは存在しませんが今は説明を省きます)

これは高い利息を法定利息に計算すると債務が残るか残らないかで決まります。

つまりショッピングローンが残っていることを失念されたまま債務整理をすると
結果によってはブラックリストに載ってしまう可能性があるということです。

ですので十分にその点はご理解された上でご依頼いただくようにしております。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺での生活保護受給中の債務整理、自己破産

こんにちは、堀内です。

先日、堺からご相談に来られました。

生活保護受給中なら基本的に報酬等は国が立て替えてくれます。
(過払いなら別です)

いわゆる法律扶助です。

生活保護費から借金は払ってはなりません。

よってこの場合、消滅時効か自己破産がメインになってきます。

これは調査をしてからでないとわかりません。

デメリットもほぼないですし一歩前に踏み出してください。

解決できない借金問題はないと言いきれます。

一度ご相談ください。

十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
フリーエリア
リンク
プロフィール

十三司法書士法人

Author:十三司法書士法人
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。