またあそこの事務所か・・・

こんにちは、堀内です。

またあそこの事務所をキャンセルしてお客様が来所されました。

東京新宿の某事務所です。

よくCMやってますね。

裁判しないで和解のほうがいいとか無料出張相談とか言いながら仕事が終わったら
出張費用5万円取るところです。

これホンマアカンでしょ?

金額の提示を受けてらっしゃるので過払利息回収も込みでお客様に提案しているのか
わかりますね。

ある種、楽しみです。

わかり次第また記事にします。
スポンサーサイト
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

重要!期限の利益喪失との戦い方(棚上げ論)

こんにちは、堀内です。

期限の利益喪失の争点。

いわゆる「棚上げ論」です。

これって絶対におかしいですよね。

例えば

借入額50万円、約定利率19%、取引1年間で完済、途中一度だけ支払いを10日ほど飛ばしてしまった場合。

これだと仮に貸金業者のよく言う「棚上げしていただけ」という主張がとおるのであれば利限に引きなおしても
あとから遅延損害金利率で計算すべきだったとして借金が残ることがある。

完済し解約したのに契約書も返してるのに後から借金が残っていると顧客に請求できてしまうのです。

今から全顧客を調査して掘り起こしも可能ということです。

つまりこのような「棚上げ」状態を認めることは完済したと思っていた顧客の取引の信用、信頼を害するのです。

絶対におかしいでしょ。

私は一般的な反論の仕方だけでなくこのような例も引き合いに出して準備書面を作ったりもしています。

ご参考になれば。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

私的にそろそろ・・・と思う

こんにちは、堀内です。

あるアルファベット並びの貸金業者の過払い裁判。

かなり久しぶりです。

和解の電話もなく二回目で被告社員が出廷してきました。

なんか違うようなあんな人だったか?

これが出廷しなくなったら・・・

終わりでしょうね。

例として

①武富士倒産直前は和解の電話がバンバンなる。

②被告社員が出廷してきて和解の話や引き延ばし作戦

②応じず時間をかけていると全件ピタッと急に電話がならなくなる(←今ココ)

③出廷もせず判決。

③強制執行で回収しようと手続き中に倒産

そろそろあやしいかもしれません。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

相続人から過払請求

こんにちは、堀内です。

本日相続人からの過払い請求事件を受任しました。

とりあえず調査だけです。

最低限戸籍は持ってきていただきますが調査の結果、発生していなければ無報酬です。

いつもこのようにさせていただいております。

もし亡くなったご主人様などの債務調査などありましたらご連絡ください。

調査は無料です。

相続人から請求は可能です。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

クレデ●アはやはり

こんにちは、堀内です。

クレデ●アは全部払うことが擬制自白されました。

ギル●と日本保●も含めてです。

ですのでみなさんこの関係の過払訴訟は被告クレデ●ア単独でしましょう。

証拠はいっぱいあります。

思った通り前の2社には迷惑かけない内諾があるのでしょう。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
フリーエリア
リンク
プロフィール

十三司法書士法人

Author:十三司法書士法人
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR