FC2ブログ

堺で過払い金と債務整理

こんにちは、堀内です。

堺で過払い金から一括で返済のお話です。

月末に過払い金が数十万円入りますのでその原資で2社に一括返済予定です。

返済分は利息制限法でも借金が残ったのです。

一括で払うからということで少し減額していただけました。

ご協力、ありがたいことです。

あとは当事務所が代わって払っておきます。

このように極力ご本人様にお手間をお掛けしないようにしております。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

過払い請求を堺でするなら~貸金業者さんの都合

こんにちは、堀内です。

めっきり減りましたが貸金業者さんと電話で交渉する場合のお話。

相手方より言われることが決まっています。

それに対して私が返す言葉も決まっています。

以下のとおり

「本人さんに聞いてください」→代理事件なのに?

「入金日までなら判決と変わらないじゃないですか」→なら訴訟費用払います?

「当社の経営状況が云々~」→お客様に何か関係があります?

「決済がとおらないのでなんとか減額を~」→自社都合の話されても・・・

おそらく私は貸金業者さんから鬼と思われているかもしれませんね。

私が貸金業者さんの代理人ではなくお客様の代理人である以上、
そしてこちらが勝ち筋の裁判である以上、最後はほぼ相手方から折れてきます。

十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺での過払請求~何を優先するかで事務所の方針が決まる

こんにちは、堀内です。

堺での過払請求のお話。

横領なら書士自身がその懐をあたためたい。(成年後見)

事務処理過怠ならたいしてお金にならない上に面倒くさいから後回し。(破産)

適当な和解なら時間をかけずにベルトコンベアのように定型的に処理のため、
もしくは相手方との関係性も考えて。(過払金)

などでしょうか。

これではとてもお客様目線に立って業務遂行しているとは言い難い。

まったく公正でないし説明責任を果たせないでしょう。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺にて過払い金請求~最後に後悔しないためにも

こんにちは、堀内です。

堺にて過払い金請求のお話。

かと言ってまったく書士自身の意思はそこに介在する余地はないのか?

例えばお客様から「先生にお任せします」と言われれば少なくとも私は
入金日までの全額で相手と交渉していきます。

これを私自身の意思であるといえわれればそうかもしれません。

しかしお客様に説明もできないようなことは絶対にしたくない。

私は最後に死ぬとき、人に嘘をつくことはもちろん自分にも嘘をつかなかった、
後悔のない終わり方をしたいと思っています。

この考えだけが最終的にお客様に喜んでいただける最良の結果を導くのだと確信しながら、
本日も多くの業務を丁寧に遂行しております。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

堺の過払い請求~貸金業者さんの都合よりお客様目線でいたい

こんにちは、堀内です。

堺での過払い請求のお話。

他事務所は知りませんが当事務所はあらゆる判断を下す時、
常にお客様目線でいたいと思っています。

当たり前のことですがこれができない事務所が存在していることもまた確かです。

横領、事務処理過怠、根拠のない低額な和解、あげればキリがありません。

これら全てに共通することは目線が全て司法書士自身にあることです。

ではなぜこのようなことが起きるのか?
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
フリーエリア
リンク
プロフィール

十三司法書士法人

Author:十三司法書士法人
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR