出張での相談

こんにちは、堀内です。

出張での御相談をいただきましたので行ってきました。

ちなみに当事務所は近畿圏内くらいであれば出張費用はいただいておりません。

たとえば、

①生活保護受給中、経済的に厳しく交通費もままならない。

②ご高齢、病気、入院中で外出が難しい。

③足が悪く歩くのが厳しい。

④仕事が忙しく事務所の開いてる時間にいけない。

等々どのような理由でも結構です。

お気軽にお電話ください。

スポンサーサイト
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

珍しい移送申立て

こんにちは、堀内です。

珍しい移送申立てをされました。

被告所在地の京都簡裁に提起したのに原告住所への移送申立てです。

(京都って言ってる以上ドコの貸金業者か丸わかりですね。)

いっつも原告住所地で提起したら本店所在地の京都への移送と言ってくるのにねぇ・・・

どっちやねん!みたいな感じですね。

つまり、これは自ら「今まで大量にしてきた移送申立ては嫌がらせですよ~」って言ってるのも同じですね。

矛盾を突いて損害賠償できないもんですかね、無理か、個別の判断ですもんねぇ。

十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

破産申し立て

こんにちは、堀内です。

簡単に作れると思っていましたが・・・

なかなかイレギュラーな事実が新たにどんどん出てきました。

実はこういうことは破産ではよくあることです。

上申書でそれらの補足をしなければならず余計な仕事がふえそうです。

頑張ります。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

相続放棄・・・嫌な感じでした

こんにちは、堀内です。

すごく気分が悪いことがありました。

親の相続放棄を子供2人がするんですが1人が滋賀の先生、もう1人を私が担当。

子供2人は全然違うところに住んでるんです。

で、その滋賀の先生に初めて電話して本籍とか分かってたらと思ったんですが・・・

スンゴクカンジワルカッタ!

まあ大人の対応しときましたけど、たぶん報酬2人分取れたのに「この野郎」みたいなことでしょうかね。

なんてケチくさい、同業として、いや人としてあれはアカンでしょ。

その日の内に被相続人の本籍とか生年月日とか全部わかったのでもう二度と電話しませんけどね。

そして教えもしませんけどね!

ちなみに法律扶助使いますのでご本人さんの負担は実質ゼロとなる予定です。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ

不動産担保切替(リボ→リボ)

こんにちは、堀内です。

上記タイトルどおりの争点で別の某社と争い。

分断だと0。

ましてや弁護士をつけて争ってくる可能性大なので
万が一負けて訴訟費用確定されたらマイナス。

すべて依頼人には説明しました。

それでもということでしたのでお受けしました。

頑張ります。
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
十三司法書士法人 オフィシャルサイトはコチラ
フリーエリア
リンク
プロフィール

Author:十三司法書士法人
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR